登録講師・コンサルタント

中澤 裕一

中澤 裕一(なかざわ ゆういち)

覚せい剤事件専門家(元北海道警察 警部補)

輸出事業 K&KR 代表
エックス線作業主任者
交通誘導員2級
小型船舶1級操縦士
潜水士

◆対応可能なサービス

講演、企業研修、コンサルティング、刑事事件解説、刑事ドラマ監修、執筆

◆略歴

警察の元警部補、交番勤務から始まり体力を買われ本部機動隊の一般中隊を経て山岳、水難救助、爆弾処理、NBCテロ対策部隊に配属になり、機動隊卒業後、刑事としてその警察人生を歩む。
最初は希望であった殺人や強盗事件を扱う刑事一課担当であったが、その後の本部機動捜査隊転勤で職務質問での覚せい剤所持事件を摘発し本部長賞誉を受賞したことから本部の刑事部組織犯罪対策局薬物銃器対策係へ抜擢され、その後、薬物銃器対策の刑事として長年勤務した。
現在は、日本の製品を世界にもっと知ってもらいたいと海外輸出事業K&KRにて代表として活動する一方、協会の登録講師・コンサルタントとしても活動している。

中澤 裕一

◆講演プログラム

【講演タイトル】
元薬物担当刑事が語る
取り調べを通じてわかった! これが本当の覚せい剤の恐ろしさだ!

【プログラム内容】
1 世間でいわれている覚醒の効果と人間への影響
2 張り込みを通じて外見からわかる覚せい剤常習者の特徴
3 暴力団って覚せい剤はご法度なの?
4 逮捕直後の常習者の態度と特徴
5 取り調べで直接聞いた! 覚せい剤をやる理由とその効果
6 少年に対してのメッセージ
7 年頃の息子娘さんを持つ親御さんへのメッセージ
8 おまけ 大麻とMDMAの効果についても聞いてみた!

【講演タイトル】
元刑事が現場で学んだ
死んではいけない!! 人間は心の保ち方が原動力!

【プログラム内容】
1 人生一度死んだことありますか?
2 勉強するってなんだろう
3 いつからでも遅くない
4 今は自分の子供に勉強する意味を伝えています
5 やりたいことがたくさんあるんだ
6 今つらいとか、死のうとか、絶望だとか感じている方へ

◆協会担当者コメント

警察官時代は主に薬物捜査に従事し、様々な薬物乱用者の取り調べを経て薬物を使用してしまう心情や薬物へ依存する背景などを聞き出し、捜査に役立ててきました。
事件を通じて犯人の生の声を聴いているため、覚せい剤の本当の恐ろしさは身に染みて感じており、青少年が薬物の世界に足を踏み入れないための生きた講義ができます。
未だ減らない違法薬物絡みの事件解説やその他防犯指導に関わるお話も可能ですので、まずはお問い合わせください。

PAGE TOP