登録講師・コンサルタント

渡邉 晃人

渡邉 晃人(わたなべ あきひと)

詐欺・横領等知能犯事件専門家(元静岡県警 警部)
行政書士AKITO21法務相談事務所 代表
落語家刑事「にか奴亭三助」

◆対応可能なサービス

講演、セミナー、企業研修、刑事ドラマ監修、イベント講師、俳優

◆略歴

静岡県警元警部。定年退職まで刑事歴34年。
主に贈収賄事件や選挙違反、暴力団事件や薬物乱用を扱う刑事二課に所属。
現在は行政書士AKITO21法務相談事務所代表として保護司・少年指導委員を務めています。
義理人情恩返しを信条に、やる気・勇気・愛情が人材育成の道と訴える男です。
また自ら演じる落語を通じて社会の安心安全を願う“落語家刑事”。
芸名は二課から由来する『にか奴亭三助』と申します。

◆講演プログラム

【講演タイトル】
『弁当に救われし俺の人生(みち)』
自分の過去を振り返り、道を外さずに来られたのは、スナックのママとして夜遅くまで働きつつ毎朝手作り弁当を持たせてくれたお袋。そして事業が倒産して日雇い労務を強いられても家族のために懸命に働いた父の背中を見て来たからである。
少年の非行防止には家族の愛情が大切であることを訴える。

【講演タイトル】
『あの時この眼で見たアメリカ』
小さいことにクヨクヨしない。刑事2年目の22歳。自費(借金)でアメリカの土を踏んだ。一流ホテルの便所の接客係として働く黒人男性から、どんな職業でも誇りを持って成すことの大切さを学んだ。今いくら金を持ち時間があろうとも22歳には戻れない。今行動することの大切さを訴える。

【講演タイトル】
『夢が破れたらどうする』
悲しいかな今の日本は自ら命を絶つ若者が多い。
自身のこれまでの生き様を面白おかしく語り、若者に勇気と希望を与えます。
命は一つ、でも夢は沢山あっていい。
夢が破れたら次の夢に向かって生きることを訴える。

◆講演実績

東京ソラマチ、奈良県香芝市、静岡市、沼津市、富士市、富士宮市、保護司会、
明るい社会を作る会、各自治会・町内会等 他多数

◆出演メディア

【テレビ】
テレビ朝日:特番「第二の人生は落語家」
NHK:特番「防犯・更生」
テレビ静岡:特番「落語家は元警察官」生出演
静岡第一テレビ: 特番「夢授業」
その他、各色ニュース番組等
【新聞】
日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、中日新聞、静岡新聞、日刊警察、他
【雑誌】
演劇グラフ(奈良県での出演を紹介)
【ラジオ】
FMマリンパルしみず(レギュラー出演)
その他、K-mix、FM富士、SBS、他
【落語】
東京ソラマチ31階『國見』独演会(毎月第3木曜日出演)

◆協会担当者コメント

全国初、元刑事の防犯落語家「にか奴亭(やっこてい)三助」としても活躍されております。刑事歴34年の経験から詐欺被害に遭わないための防犯落語は、軽妙な語り口で振り込め詐欺防止のポイントを伝えるなど、「元刑事さんの話は説得力がある!」「落語で伝えるのがなにより興味深い!」等と行政や各種団体からも依頼がある大人気の落語家さんです。
講演では落語家ならではの口調で皆様の心に響くお話をさせていただきます。
まずはお問い合わせください。

PAGE TOP