登録講師・コンサルタント

村上 和郎

村上 和郎(むらかみ かずろう)

強行、盗犯事件、鑑識専門家(元大阪府警 警部)

行政書士事務所所長
食品会社 渉外担当部長

担当事件
強行、盗犯事件(殺人、強盗、窃盗事件等)

◆対応可能なサービス

刑事事件解説、刑事ドラマ監修、講演、執筆

◆略歴

昭和34(1959)年、大阪府大阪市生まれ。昭和54(1979)年、大阪府警察の巡査を拝命。翌年に配属された枚岡署の警ら課(現・地域課)交番勤務、直轄警察隊を経て、以後は所轄の豊中署、東成署、西成署、布施署、松原署、富田林署の刑事課捜査員や鑑識係の主任、係長として約27年勤務。平成25(2013)年からは吹田署と八尾署の留置管理課課長を歴任した。在職約38年を所轄一筋で勤務し、殺人、強盗、窃盗など多数の事件現場を経験し、特に鑑識活動に精通している。退職後は、行政書士業務の傍ら、食品会社の渉外担当部長として従事。著書に「鑑識係の祈り ―― 大阪府警「変死体」事件簿 」(若葉文庫)がある。

◆著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。
鑑識係の祈り ―― 大阪府警「変死体」事件簿(若葉文庫)

鑑識係の祈り ―― 大阪府警「変死体」事件簿

◆メディア掲載

ジャーナリスト柳原三佳氏の死因究明関連記事(2020年12月29日)
JBPress6話連載及びヤフーニュース6話連載(2021年2月22日~2021年4月12日)など

◆協会担当者コメント

警察の所轄は、早朝深夜を問わず常に新しい事件が飛び込んでくる戦場です。その所轄で特に多忙を極める刑事、鑑識係員を30数年経験し、殺人、強盗などの凶悪事件や窃盗事件の現場を肌で感じてきました。経験した多数の事件については著書「鑑識係の祈り ―― 大阪府警「変死体」事件簿  (若葉文庫)」を見て頂ければわかるはずです。その知見を活かした刑事ドラマの監修、事件解説、執筆などは他のOBとはひと味違った形でお役に立てると思います。まずはお問合せをお待ちしております。

PAGE TOP