登録講師

堀 尚弘(ほり なおひろ)

リスク管理専門家(元警視庁 警部)

会社名 ベストブレイン株式会社 代表取締役

◆略歴

警視庁、警察庁で勤務。公安部、警務部、生活安全部等で事件捜査、制度分析、法務・広報、大規模災害対策等に従事。退職後は一部上場企業で経営企画、営業開発等に従事し、警察OBの出資を得てリスク管理のコンサルティング会社を創業。社業のほか金融機関の監査役、上場企業のリスク管理委員会委員も務める。

◆協会担当者コメント

業種規模を問わない企業・法人に対する20年を超えるコンサルティングで培った知見をもって、受講者様の職場への落し込みを意識し、現実的で実践的なノウハウをケーススタディ、トレーニングを活用した参加型の講演・研修をもって提供します。お問い合わせをお待ちしております。

◆講演プログラム

【対象者】企業、医療・学校法人の人事、コンプライアンス担当者または経営者
〇タイトル①
「経営者、管理職、役職者が身につけたいリスク管理のノウハウ」

〇プログラム内容
経営者、管理職、役職者が身につけたいリスク管理のノウハウ
株主や監督官庁、マスコミに対する説明責任を尽くすために必要なリスク管理の取組み(企画と実践)
※不正・ハラスメントその他の社員不祥事、反社、大規模災害、行政法違反事案(下請法、個人情報保護法等)、
有事のIR・謝罪会見などのテーマを絞って実施しています。

【対象者】企業、医療・学校法人の人事、コンプライアンス担当者または経営者
〇タイトル②
「管理職が身につけたい有事の初期対応」

管理職が身につけたい有事の初期対応ダメージの最小化を防ぐために、実行可能な初期対応のノウハウ
※タイトル①と同じくテーマを絞りケーススタディやロープレ、ブラインドトレーニングを取り入れ実施しています。

【対象者】企業、医療・学校法人の人事、コンプライアンス担当者または経営者
〇タイトル③
「ハラスメント対策、社員不祥事対策の効率的な取組み」

ハラスメント対策、社員不祥事対策の効率的な取組み
※予防、有事の措置、再発防止・補償・謝罪などの善後策、この3つのフェーズに注目した取組みを解説します。

【対象者】企業、医療・学校法人の人事、コンプライアンス担当者または経営者
〇タイトル④
「企業のレピュテーションリスクとなる取引」

企業のレピュテーションリスクとなる取引
※反社や詐欺取引の見抜き方です。

【対象者】企業、医療・学校法人の人事、コンプライアンス担当者または経営者
〇タイトル⑤
「インターネットでの炎上対策を意識したクレーム対応」

インターネットでの炎上対策を意識したクレーム対応
※解説に加え、炎上した際の対応フローのマニュアル、悪質クレーマーを簡単に撃退する挙証責任と説明責任に注目したノウハウのトレーニングなど実施しております。

【対象者】企業、医療・学校法人の人事、コンプライアンス担当者または経営者
〇タイトル⑥
「社員不祥事の予防に不可欠な知識」

犯罪やハラスメントを疑われただけでどのような不利益を被るか、家族がどのような不遇に巻き込まれるかを経済的損失、報道による追及その他事実上の不利益を解説してきました。大手通信会社、PCソフトの制作会社、建設会社その他の法人では、DVDにして全国の社員が必見にしています。

◆著書

『成功する会社が必ずやっているリスク管理』

◆講演実績

経済同友会、都道府県(含、第三セクター)、病院等の業界団体、特暴協ほか

◆講演以外の担当事例

法人のコンプライアンス体制評価、制度調査、マニュアル整備、ハラスメント・不正の潜在事案の追及、
経営危機のリスク・要因の指摘、リカバリー、事業継続計画、事業再生、社員マネジメント(不正、業務外非行、ハラスメントの予防・対処、再発防止)

PAGE TOP